ガッ

Oil on canvas, 2013

 

大学生になって、より一枚の絵として描き上げた2作目です。ポイントはグレーの大きな筆跡です。モップ筆という大きな筆を買って試して、描く時にとてもドキドキ緊張しました。だからこそ緊張感のあるいい絵になったのでしょう。

 

講評会では、大学の教授全員が立ち上がって討論状態になった、私史上伝説の作品です。いつもは全員が発言することはないのですが、この時ばかりは同時に話されて「良い」「悪い」など賛否両論の嵐だったという印象です。半分くらい放心状態だったのを覚えています。またこの作品のように人が驚くような発想とビジュアルを制作したい、と思って社会人になって以降も頑張って制作をしています。この作品を超えることが私の今の目標です。

カテゴリーArt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です