Cai Gun-Qaing

今日は、ツァイ・グオチャン(蔡 國強) について紹介します。私の大学に講義に見えたこともあり、私も大好きなアーティストの1人です。

彼はインスタレーションを扱う、中国のアーティストです。北京五輪の開会式の演出を担当したこともあります。1957年に生まれ、上海演劇大学を卒業し、火薬を使った巨大ドローイングを1984年から始めます。火薬は中国で開発されたものであることから、彼は使用しています。彼は1986〜1995年、日本を拠点に制作をしていた時期もあり、日本の賞も受賞しています。

コミュニケーションツールとしてアートを捉えているにもかかわらず、アート界に革命を起こすほどの勢いとスケールを持ち合わせているのがすごい。調べるとら地域に根付いたアートが大スケールになって世界へ飛び出しちゃったぜ、な感じだけど、一見そんな感じはないんです。考え方は色々あれど、こういう考え方でも世界規模でできるんだと驚かされました。

関連記事

  1. Damien Hirst

  2. 3人のアーティストの例から。

  3. ダダイズム

  4. ドイツ表現主義 #3: ブリュッケ

  5. アンフォルメル

  6. Art Dictionary: Eloquence-Exemplary…

  7. Art Dictionary: Gauge-Hone

  8. DMから学ぼう!/FIVE ELEVEN Gallery

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP