DMから学ぼう!/Pace Gallery

3年前にNYに旅行に行ってまわったアートギャラリーのDMを見直し、アートを語るときに必要な単語をメモしていく記事です。

今回はPace GalleryのDMです。

A new catalogue will accompany the exhibition.

*”accompany” は「伴う・伴わせる」という意味で、この場合は、「新しいカタログが展示で用意されるだろう」って感じだと思います。

He explored the information processing in portraiture.

*”explore” は、この場合は「研究する」という “study” と同じように使われています。 “processing in portraiture” は「肖像画法のプロセスで」です。”portraiture” は “portrait” の形容詞です。今までこの単語自体知らなかったです。。

They accumulate into extravagant full-color images.

* “accumulate” は「集める」という意味合いで使われており、”stock/gather/increase” と同じような意味を含んでいます。

He applies multiple thin washes of paint.

*”apply” は「申し込む」という意味の他に、「塗る (paint)」という意味もあるようです。初めて知りました。”wash” は「照りのある薄塗り」という意味もあります。

He coaxes different saturations of paint and hue into the portrait.

*”coax” は「〜からうまく引き出す」とか「説得して〜する」という意味で、この場合は前者の方がしっくりきます。”saturation” は「浸透」の他に「彩度」という意味もあります。今回は後者ですね。

The subjects disintegrate into grids of color evocative of him.

*”disintegrate” は「壊す」という意味です。アートでは、「今までのテーマをぶち破った」的な感じで使えるでしょう。”evocative” は「思い出させる」という意味です。

These works attest to a heightened interest in the effects of color.

*”attest to” は「〜の証明となる」という意味です。toの後は動詞は来ませんのでご注意ください。”heighten” は “very” という意味で使われていますね。「強い興味」というのは、”heighten” を使うのは一般的なんですかね?

It allows him to create distinct works from the same image.

*”allow” は「可能にする」という意味で考えると良いでしょう。”distinct” は「唯一の」という意味合いです。”rare” と一緒です。

関連記事

  1. ヴェネチアビエンナーレとアート・バーゼル

  2. プライマリー市場/発見者

  3. キュビスム #4: ピュリスム

  4. 3人のアーティストの例から。

  5. アートのビジネスマン/ラリー・ガゴシアンという男

  6. 抽象表現主義・前史

  7. アート界の構成員

  8. Andy Warhol

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP