Echa was born in 1994, Japan(Aichi Prefecture), and she liked to read comics for girls in her childhood. When she had to study for an exam, she did nothing until finishing reading comics; therefore, she began to learn sketch to be a comic artist. However, she was getting into art world in cram school for art university because of her teacher. Then she passed Tama Art University in 2013 (oil paintings course). At the third criticism, she experienced the most excited one. All four professors and two teachers gave her various comments at the moment they saw her artwork. It was an abstract painting originated from japanese comic. It focused on a page in a comic book without subtitles and the characters. To surpass the criticism, she tried to work a new artwork whoever never see.

It was when she was in the third grade. She had two opportunities. 

One was what she met a painting by Lee Ufan. It was a big abstract one and, there was a small squre at the corner.

The last year in University, she found a lot of “ッ” used in comic sounds and started working on artworks concentrated on visual aspects of Japanese Characters. After getting a bachelor in 2017, she has been an art teacher for a

       Echa calls her recent project “High Literal.” To make up “ッ” as an artwork, she changes a part of Japanese character on an image. She believes “ッ” is a symbol of the Japanese mind. “ッ” has no sounds, and it is similar to the way of thinking of the blanc. ‘Feeling something in nothing’ is the Japanese mind. Also, she often hears the follows from her mother who is a Japanese teacher. For instance, it is difficult for many foreigners to pronounce “ッ”, and they and Japanese children often mistake writing Japanese characters. She guesses Japanese character is our own culture, and it can be art.

As far as she is concerned, “We should see characters or letter.”

       Now, Echa works on installation, paintings or photographs. For her process, she puts stress on out of feelings like Donald Judd. In her artworks, most of them are used ready-made products like Marcel Duchamp and ready-made design like Andy Warhol. Then her artworks also have attract as if a kid draws doodle. This is like “L.H.O.O.Q.” of Duchamp. In addition, she puts the objects repeatedly like Warhol because beholders cannot consider meanings. What she needs is the surface.

 

   echaは、1994年に愛知県名古屋市で生まれました。少女漫画を読むことが大好きで、テスト期間中も買った漫画を読み切るまでは何もしないような子どもでした。11歳から同じ漫画雑誌を10年以上も欠かさず買い続けるほどでした。そして彼女は漫画家を目指して絵を基礎から学び始めましたが、予備校で勉強していくうちに美術の世界へ興味を持ち始めます。そして2013年、多摩美術大学の絵画(油画)学科に入学しました。入学して3回目の講評、史上最高の講評を受けます。彼女の作品を前にしたとき、6人の講師陣が一斉に話し始めます。それが、コミック・ペインティングと名付けたシリーズでした。これは、漫画の1ページのコマ割りをもとに構成した抽象画でした。ここにはキャラクターやセリフは存在せず、効果線や擬音語などの抽象的な要素が残され、伝統的な抽象画の作り方で描かれました。彼女はこれ以降、もう一度この賛否両論の講評を受けるような作品を作りたいと思い、新しい作品を模索し続けるようになりました。

       しかし納得できるような作品は制作できず、大学3年になり新たな出会いをします。それが、オペラシティアートギャラリーで見かけた李禹煥の抽象画です。Untitledと名づけられた9割何も描かれていない絵画は、彼女に衝撃を与えました。余白の持つパワーに感銘を受けました。さらにもう一つ、大きな発見をします。漫画『ジョジョの奇妙な冒険』を読んでいたときのことです。友人から「echaの絵の文字は、ジョジョに似ているね」と言われたことがきっかけでした。その漫画には、他の漫画以上に独特な擬音語が多く使われていました。とくに「ッ」が多用されていることがわかったのです。「ドッ」と言葉では言えても、漫画なら「ドッッッ」や「ッッッド」と「ッ」の使い方で状況まで伝えることができます。

この2つの体験から、無い空間を在るように見せる「余白」と、無音を文字として存在させようとする「ッ」の考え方が似ているのではないかと、彼女は考えるようになりました。

そして、「ッ」を作品化すべく制作を進めましたが、無を有にすることはとても難しい。そこで、「ッ」に日本人の内面性が見出せたのなら、他の仮名文字にも何か日本人らしさが見出せると考えます。そして、『ハイ・リテラル』シリーズが始まりました。ハイ・リテラルでは、仮名文字の形そのものが曖昧であることをコンセプトに制作されています。発音が少し違っても意味を推測できる日本語は、音より形を重視します。子どもの頃、日本人ならだれもが経験する、カタカナの書き分けが難しい問題。これも微妙な形の違いを書き分けることが重要です。この「曖昧」さは、日本人の心を表しているといえます。

PAGE TOP