ハイ・リテラル – 文字を楽しめ -/日々カフェにて

 

コンセプト

文字をいじる作品シリーズ、『ハイ・リテラル』を神戸市の日々カフェにて展示します。

日本語は唯一無二の独自の進化を遂げました。音より書くことを重視した日本語は、少し線の角度や長さが異なるだけで全く異なる文字になってしまう。例えば、「雰囲気」の正しい読み方は「ふんいき」ですが「ふいんき」と言ってしまっても、日本人同士なら「雰囲気」のことだとわかります。それは音より最終のビジュアルを重視しており、音の間違いがあっても気にせず聴く側で修正して意味を理解するからです。特にひらがなとカタカナは、この特徴がビジュアルの上で顕著です。「ン」と「ソ」なんかは、書き分けが難しく、手書きの文字では読む側が読み分けられないこともあります。

 

そんな読めそうで読めない日本文字の矛盾を表現したのが、『ハイ・リテラル』。

 

◆詳細情報

場所:日々カフェ

定休日は毎月異なるので、ブログでCheck!

➡︎「日々カフェ」で検索!

時間:8:30-17:00 (基本)

 

 

ハイ・リテラル展を終えて

まずは日々カフェさんをはじめ、関わってくださった全ての方に御礼を申し上げます。

以前も数回展示の経験はありましたが、かつてはDMなども適当に感覚で作っていました。今回、デザインを一から学び直してDMづくりに挑みました。来て欲しいのはどんな人か、から考えてそれに合わせてデザインをすると、全然構図が変わることに驚きました。

 

また、神戸のみなさんは、期間中滞在していた私に様々な経験をさせてくださいました。

様々な方と繋げてくださったのは本当に嬉しいです。納得いく結果が出たときは、必ず神戸にご報告に伺いたいです。

echa

Posted by echa

アーティスト・イラストレーター。現代の中に伝統を見つけ風刺するスタイルのアート作品を制作、イラストはゆるい/かわいいをモットーにしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。